2009年05月01日

2009年04月分の更新情報(平成電電出資被害者結束委員会)

平成電電関連における2009年04月分の更新情報になります。
2009/4/24/平成電電被害者ブログ破産者平成電電設備株式会社・同平成電電システム株式会社破産管財人(小林信明弁護士)による平成電電匿名組合債権者(出資者)に対する中間配当に関する当会の見解について更新
2008/4/20/平成電電被害者の会・談 投資戦闘日記 ニュース更新
2009/4/12/平成電電被害者ブログ会合結果(遠隔会合・現地会合)更新
2008/4/7/平成電電被害者の会・談 投資戦闘日記 平成電電(最終弁論)ニュース(毎日新聞)
          追加平成電電予定 平成電電事件(被告人佐藤賢治)第13回公判の結果と第14回(判決)日程等の
          追加平成電電 逮捕 公判の進捗状況(被告人佐藤賢治、最終弁論終了・判決日程決定)の更新
2009/4/6/平成電電被害者ブログ  平成電電匿名組合詐欺被告事件(被告人佐藤賢治)第13回公判結果と第14回(判決)の予告


posted by ナビゲーター at 15:26| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ更新等のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

印鑑証明(実印)の発行方法について

Q  印鑑証明が欲しいのですがどのようにすればよろしいのでしょうか。また金額はどのくらいで発行にどれだけ時間がかかりますか。

A、印鑑証明とはいわゆる「実印」というものの登録です。登録はお住まいの市区町村の役所・役場もしくはそれらに関連する出張所で登録発行してもらえます。 実印にしようとする印鑑はシャチハタスタンプとかゴム印とかのものでなければ、通常に売られている市販の印鑑(氏名のように姓と名がなくても姓だけでも可能)でも登録が可能です。料金は登録するだけでしたら無料〜500円位かかることろもありますし、登録したら印鑑証明というものを発行してもらいます。これは15分くらいの時間があればその場で登録発行してもらえます。
 何かの締め切りで時間がなければ、とりあえず三文判で印鑑登録をしてもらい、その後任意の時にオリジナルの印鑑を再度登録し直す事もできます。
気をつけていただきたいことはたとえ「三文判」であっても印鑑登録をした以上は「実印」ですので取扱は慎重に行ってください。

 ご質問の中に平成電電匿名組合(破産者平成電電設備・平成電電システム株式会社破産管財人)への手続きで印鑑を紛失したので、その代りとなるものということで問い合わせがこちらに来たものありますが、もし、印鑑証明と実印とかの押印でかえられるのであれば、その方法にしたがっていただくことになります(当方は印鑑証明で平成電電匿名組合に関する手続きのができるのかは確認はしていません)。
 通常証券会社などでも登録印(銀行員のようなもの)を紛失した場合は、「印鑑登録証明」と実印でその代用をすることが可能としているところが多いです。 
 
posted by ナビゲーター at 11:07| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | 主な質問と回答(FQA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。