2008年08月28日

ADSLモデムオーナーの破産者平成電電株式会社に対する破産債権

Q.私はADSLモデムに出資しました(平成高速通信株式会社)が平成電電に配当や損害賠償を請求できるのでしょうか。

A.詳細についてもう少し教えていただければと思うのですが、債権者という可能性を指摘されているのであれば、裁判所より通知がくるかと思いますが、来なければその後はご自身での判断だと思います。その際は破産者平成電電株式会社破産管財人事務所等にお尋ねになられて、その指示を仰ぐのが一番でしょう。損害賠償の方は破産されている会社、会社更生法の適用の申請による更正管財人が選任されている場合は、訴訟に制限があるかと思います。その辺もその手の詳しい弁護士さんにお尋ねになられたほうがよろしいかと思います。
posted by ナビゲーター at 17:09| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電 被害者の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。