2009年01月17日

平成電電事件/被告人佐藤賢治第7回公判(刑事裁判)その4詳細1(証人経歴編)

1006  合田裁判長より出張尋問(前回公判期日以降公判期日の間に)が行われた旨を報告
1007 河津 証人(元平成電電株式会社取締役技術本部長)入廷及び、証人宣誓

1009 弁護人(弁2)より質問
   
証人の経歴、昭和41年4月〜平成5年12月までNTT(昭和62年前は日本電信電話公社)に勤務。
         詳細は、1966年4月にNTT中国に入社、5年間電報の保守管理、
         さらに11年間銀行システム、郵便貯金、バンキングオンラインの構築、
         さらに5年間はインターネット(パケット構築やパケットの開発)
           そしてシステム開発部門、データベースの開発7年間。
         合計して28年と9か月電電公社とNTTにおりました。
またNTTでは自分自身での特許を取得しました。社内表彰では事業本部長賞を貰いました。そして、過酷な開発も行い、九州・四国などでもシステムを立ち上げました。その功績として平成5年に社長賞をもらいました。
   私の専門は、コンピュータからコンピュータについてと、電報から電信というものが専門でいわゆる「データ通信」というものです。
平成5年12月にNTTを退職したのは、(自分が携わった)大きなシステムは東京・広島・四国では作動したが、他に上手くいかなかったものもあったし、さらに過労死直前くらいまでの働きで、自分のやっていることについて疑問を持ったので、結局退職することになりました。

    NTTを退職したあとは、本を出版しました、「インターフェース開発技法」これはgoogleで検索すれば出てきます。それからNTTを希望退職ということでして、最後の職位は「中国ネットワークテクニカルセンター課長」でした。話は戻って、本の内容はシステムやプログラミングの工程をどうすすめるか、効率的にはどうすすめるかというもので「プログラミング開発技法」は今は絶版となっています。

    平成6年〜平成12年までの5年は福岡県の地場通信(通信メーカー)で働いていました。それは放送・電力・警察・などのシステムをつくって
いて、ソフトウエアの開発をやっていました。
     そして、平成12年12月にトライネットインターナショナル(その後の平成電電)に入社しました。入社のきっかけは、その通信メーカーを辞めて、ハローワーク(公共職業安定所)で技術職を斡旋する紹介で、面接をした時にすぐに採用をしていただきました。その年の11月1日にトライネットインターナショナルへ出向き、その時の面接で佐藤会長(佐藤賢治被告人)に初めて出会いました。
      専門技術として(人材バンクに)登録しましたが、それは「電気通信主任技術者」という資格を36歳の時に取得しました。
     そしてトライネットワークインターナショナルに勤務したときの職務はISP事業(インターネットサービスプロバイダ)
     の交換機の調達でした。(トライネットインターナショナル)は第一種電気通信事業者の免許獲得を目指していたので、郵政省(現 総務省)
     に提出するものの折衝を行っていました。
      第一種通信事業者の登録をするために書類もつくっていました。例えば、構造設計書や設計要綱などです。平成13年に(平成電電株式会社において)私は技術本部長に就任しました。また通信設備部長も兼任しました。
   マイラインの交換機については全国に36もしくは37か所の設置を行いました。その後直収線サービス(chokka)をはじめるのでその業務を行い、途中から故障の対応や開通などの対処を同時にやっていました。そのため私は、本来はデータ通信に関する専門家でありましたが、NTTを辞めてから電話の専門家にもなりました。
10:24

 


この記事へのコメント
公判の取材お疲れ様です。
遠くの地にいるので裁判を見にいくことができません。こうして状況をお伝えいただくことに大変感謝いたします。被害者を迅速に結束した活動は他の同様の被害者の方のお手本となることでしょう。人は様々でやりたいようにやるのが人生だけど多くの人の大切なお金を赤字の補填に使われる
のはしっくりいきません。
真実をしりたいです。マスコミも被告だからあまりこの問題にタッチしたくないでしょうし、かつて勢いのよかった東京アウトローズWEB速報版もいまでは、平成電電どころか様子がかなりおかしいサイトになってしまったし、頼れるのは平成電電出資結束委員会と平成電電被害対策弁護団だけですね。これからも応援いたします。どうか風邪ひかないで無理しないでくださいね。
Posted by 佐藤(西) at 2009年01月17日 21:12
平成電電の被告人たちもさすがにネットで組合員が団結してくるとは思っていなかったでしょう。
Posted by よしも at 2009年01月19日 15:06
その通りです。
匿名の者同志が連絡を取り合うなんて計算外だったでしょう。
Posted by お邪魔虫 at 2009年01月27日 21:10
ネットの最先端活動と古典的な会合などユニークで自由な活動は10年前だったらどう戦っていたか想像もつかなかったです。
Posted by 菜の花 at 2009年01月28日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

よしきたっ!!
Excerpt: うはっ!マジできたよ!!俺落札www エロ女に落札された俺、エッチするだけで6万円貰えたww あれから3ヶ月買われまくって、借金400万完済&貯金100万突破で俺歓喜ww
Weblog: 三重の借金王
Tracked: 2009-01-17 12:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。