2009年02月09日

2009/1/1)新年あけましておめでとうございます。(平成電電出資被害者結束委員会過去分)


昨年は大変お世話になりました。平成電電事件の進行はこのサイトおよび関連ブログ・ML・情報収集掲示板などで逐次お伝えしている状況のとおりです。平成電電出資被害者結束委員会の活動も平成電電株式会社が民事再生法の適用の申請(平成17年10月3日)をしてから、約3年と3か月が経過しました。平成電電匿名組合・平成電電株式会社をはじめとする平成電電関連の債権者集会も「回収」というものが大体完了され、公租公課(税金)の問題が主に残っています。また、(平成電電匿名組合損害賠償請求訴訟)民事裁判・(平成電電匿名組合詐欺被告事件)刑事裁判とも着々と進んでいます。昨年は真っ先に話題になるのは、やはり世界を取り巻く環境での「経済恐慌、金融不況」と挙がるくらい、厳しい状況でした。その元凶は「住宅ローンの証券化」という「サブプライムローン」などによるものであることです。言うなれば現在進行している平成電電の各種事件は、「証券化」が伴っていたことです。今年はそれらを取り巻いてしまった者にお仕置きをしなくてはならない年です。そうでなければ「金融不況」は解決がつかないでしょう。昨年同様今年もよろしくお願いいたします。<BR>
(2008/1/1/平成電電出資被害者結束委員会・平成電電被害者ブログ)
posted by ナビゲーター at 23:15| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電被害者状文(平成電電 被害者の会) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。