2009年05月29日

平成電電匿名組合詐欺被告事件(被告人佐藤賢治)第14回公判(判決);平成21年6月1日(月)

標記の平成電電事件(公判:刑事裁判)が東京地方裁判所104号法廷で13:30から行われます。論告・求刑の量などから約2時間の予定になります。検察側からの求刑は懲役12年(通常の詐欺罪の刑は最大で懲役10年、2個以上の詐欺罪を働いたということで懲役15年迄科せると判断)
今までの経緯・別に行われた熊本徳夫被告人・坂上好治被告人における刑の言い渡し・判決内容・被害弁済の意志(行なわれていない)から約9年から10年になるのではないかと思われます。また未決勾留期間は熊本・坂上被告人が190日に対して佐藤賢治被告人は約600日なのでこの部分でも罪の重ささが違う事が考えられます。
(2009/5/29/平成電電出資被害者結束委員会平成電電被害者ブログ平成電電被害者の会・談 投資戦闘日記)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。