2010年02月16日

予告)平成電電匿名組合損害賠償請求訴訟(新聞社事件)判決言い渡し(平成22年2月17日)

標記の平成電電事件(民事裁判)の判決の言い渡しが本日(平成22年2月17日)13:10より東京地方裁判所705号法廷にて行われます。第一回口頭弁論期日から約2年7か月が経過しています。原告の主張が何処まで認められるのか、或いは全部、もしくは全く認められないのかなど、様々な憶測も飛び交っています。ここでの判決のポイントは新聞社(新聞広告)の一連の行為に対して過失もしくは重大な過失はなかったのかという点になります。日本最強のマスコミと言われる新聞社だけに、多くの関係者は目が離せない状態かと思われます。この判決に不服の場合は原告・被告双方とも2週間以内に控訴の申し立てとなる運びになるかと思われます。
(2010/2/17/平成電電出資被害者結束委員会平成電電被害者ブログ平成電電被害者の会・談 投資戦闘日記)


【関連する記事】
posted by ナビゲーター at 01:08| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 平成電電 民事裁判(原審) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。